医院紹介Clinic

設備紹介

X線一般撮影装置、
デジタル画像診断システム

濃度・コントラストはコンピュータが自動調整し、安定した高画質で読影することができます。
デジタル撮影のため拡大表示や診断目的に応じた画像処理が迅速に行えます。
DXA法という測定方法でX線を用いた検査の骨塩定量測定が可能で、骨粗鬆症による骨折の好発部位である腰椎、大腿骨(股関節)、あるいは前腕(橈骨)を中心に測定します。

超音波画像診断装置

  1. 組織内部や境界エコーの描出能を向上させ、腫瘍や嚢胞などの病変と正常組織の識別が容易になります。
  2. 大幅にノイズをカットして実質像の均一性を増加して、細部までコントラスト分解能の高いエコー像を描出することができます。
  3. 広帯域のカラードプラ送受信技術により、はみ出しが極めて少ないリアルな血流表示が可能です。

腫瘍を栄養する血管や腎機能の評価、プラークなどの動脈硬化性病変の描出にも役立ちます。

消化管内視鏡

癌の診断では、小さな病変を早期発見、治療することが重要です。
消化管領域における病変の観察は、粘膜表面の色や構造の変化を観察します。

「狭帯域光観察用レーザー」は、波長が短い光を照射することによって粘膜表層の微細血管やわずかな粘膜の凹凸などのコントラストを強調して画像をシャープに映し出すことができ、微小な病変を観察するのに適しています。

心電図

心電図解析プログラムにより約200種類の豊富な所見数で詳細に解析します。
心電図データは電子カルテにも取り込み、以前のデータとの比較をおこなえるようにしています。

呼気中13CO2分析装置

ヘリコバクター・ピロリ菌の感染の有無を診断する13C-尿素呼気試験法に用いる赤外分光法による呼気中13CO2分析装置です。
質量分析装置(GC‐MS)と同等の測定精度を持ち、1テストあたり約2分と迅速測定が可能です。

経皮的酸素飽和度(SpO2)

酸素療法や人工呼吸療法を行っている方などには必要な機械です。
呼吸機能障害の疑いや呼吸機能障害がある場合には、病状の評価をするための客観的なデータとして重要な役割を果たします。

オージオメーター

労働安全衛生法に基づく一般健康診断での聴力検査に使用します。
軽量・コンパクトでハンディ操作が可能なためリラックスして検査を受けていただくことができます。

医院ギャラリー

クリニック情報

所在地
〒528-0015
滋賀県甲賀市水口町松栄3-26
TEL
0748-65-2002
FAX
0748-65-2007
E-MAIL
saitou.yasuharu.iin@gmail.com
info@saitouiin-minakuchi.com
診療時間
午前 8:30〜12:00
午後 15:30〜18:30

休診日:木曜日午前、土・日曜日午後、祭日

金曜日午前は瀬川医師が担当します。

〒528-0015 滋賀県甲賀市水口町松栄3-26